トルクレンチの使い方〜設定や注意点 管理方法まで〜

 

トルクレンチとはボルト・ナット等をねじ規定のトルク値で締め付けるための測定工具です。
まずは、こちらの記事「トルクレンチの選び方」をご覧頂き使用目的に合ったトルクレンチをお選び下さい。そして、そのトルクレンチの機能を正確に発揮し長く使う為に、ここでは、トルクレンチの正しい使い方を紹介します。

1トルク値の設定方法

プリセット型トルクレンチ

これは、一般的によく使われているトルクレンチで、設定したトルクに達すると「カチッ」という音と手に軽いショックで知らせるプリセット型トルクレンチ、その設定方法を簡単に紹介します。

このトルクレンチには主目盛と副目盛があります。この目盛りで締付けトルクを設定します。

まずはハンドルのロックを解除しますが、このロックの方法はグリップエンドにネジでロックしてあるタイプと、グリップのところにスライド式でロックしたり解除したりするタイプがあります。

ロックを解除してハンドルやグリップエンドを回していき、主目盛に合わせます。そして、今度は副目盛の数字をセンターラインに合わせて設定します。

例えば22Nmに設定するとします。

まずは、主目盛の20のところまでハンドルやグリップエンドを回してきます。今ちょうど副目盛の0が主目盛の20のセンターラインのところにあります。(写真左)これだと現在20Nmです、ここから副目盛の2までグリップを回してセンターラインに合わせます。(写真右)
これで22Nmに設定されました。

 

ビーム式やダイヤル式


画像はKTCさんより

これらのトルクレンチは、締め付けていくと針が動いて締め付けトルクの数値をさしてくれます。なのでトルクを設定することはありません、締め付けたいトルク値に針が達したらそこで手を止めます。
これのいいところは今どれくらいのトルクで締め付けているのか?リアルタイムで見れるところです。
そして、置き針式タイプが便利です。このタイプのトルクレンチは、力を緩めると針が戻ってしまうので、締め付けたトルク値にもう一つの針を置いてきてくれるのでどこまで締めたか再確認できるからです。

 

デジタル式の場合


(画像はKTCさんより)

デジタル式は各メーカーでそれぞれの特徴がありますが、全てに言えるのはデジタルで数値を設定できるというところです。その設定トルクをメモリー機能に記憶させます。(操作方法はそれぞれのメーカーで異なりますので取扱説明書をご覧下さい)そして、あとはその数値を呼び出すだけです。
デジタル式はカチッとか首が振れるのではなく、そのトルクに達すると音や光、中には振動でお知らせしてくれるものがあります。またトルクデータを出力できるタイプあります。

 

単能式

(画像は東日さんより)

一見プリセット型のトルクレンチに見えますが、トルクを設定するメモリがありません。これはメーカーさんから出荷時に指定トルクに設定してもらい、そのトルクしか測れないトルクレンチなのです。なので、普通のラチェットハンドルのように締め付けて行くと、その設定トルクで「カチッ」と知らせてくれます。
工場のラインなどで一つのトルク値しか管理しない場合などは、この様な単能式のトルクレンチを使います。
また、車のホイールを締めるときにしか使わないという方にもKTCさんでは、ホイールの規定トルクに設定した単能式のホイール締め付け用トルクレンチがあります。

トルク値の表記について

現在のトルク値の単位はニュートンです。
中には整備マニュアルが古くて指定トルクがキロ表示だったり、古いトルクレンチはkgf/mの表記のトルクレンチをお持ちの方もいらっしゃると思いますがこちら東日さんのサイトで換算してくれますのでこちらで換算されると便利ですよ。

ちなみに1kgf・m=9.80665Nmです。
正直、これを計算するのは面倒なので、ざっくりと1キロを10Nmで換算しても一般的にはそれほど問題はありません。

 

2トルクレンチの持ち方

持ち方というか力をかける位置が大事です。
これはプリセット型・ダイヤル式・デジタル式など殆どのトルクレンチに共通します。

トルクレンチのハンドルには基準点というものがあります。
特に表記していないもはグリップの中心と考えてください。

 

この基準点に力をかけなければいけないのです。
この基準点に中指が来る様にグリップを握り、そこに力がかかるイメージでトルクを掛けて下さい、
それで「カチッ」といったら、そのトルクレンチの正しいトルクです。

この力のかける位置を変えるとどう違ってくるのか?トルクチェッカーを使って短く持ったり長く持ったりして実験してみました。
まずは、10〜70Nmのトルクレンチでトルク値を22Nmにセットして、正しい位置を持って測ります。

 

22.1Nmでほぼピッタリです。
では、持つ位置を短くグリップの前の方を持って測ってみます。

 

すると23.1Nm
4%以内の22.9を超えてしまっています
力を入れる位置を前にするだけで1Nmも強くなります。

短くもてばそれだけ力がいりますから、カチッと言わすために力がかかり、当然オーバートルクになってしまいます。

では、長く持つ感じでグリップの後ろはじの方に力を入れて測ってみます。

 

21.8Nmです。
こちらは4%以内にはいっているので問題内といえば問題ありませんが今度は0.2Nm小さく出ます。

分かりますよね、短く持てば力が要るから強くかかり、長く持てば軽い力で済むから弱くかかります。
このように持つ位置で力のかかり方が変わる為、正しい位置を持って力を入れないとせっかくのトルクレンチも能力を発揮出来なくなってしまいます。

22Nmでこれだけの差が出るので、大きな数値の場合はもっと差が出ますので、持つ位置は気をつけて下さい。

3ボルトを締付ける順番

トルクレンチは、設定したトルクでボルトを締付けるのですが、ボルトが何本もある場合は、締付ける順番があります。

例えばこのような場合は、まず2と5を締め付けて次は対角に3と4、6と1の順で締め付けていきます。車のホイールも対角で順次締め付けていきます。
片側から順番に締めると偏って浮きが出る可能性があり、浮きなどが出ないように均等に締め付けていく為です。 

 

4トルクレンチを使う時の注意点

*ダブルチェックはダメ

プリセット型のトルクレンチはカチッといったその瞬間がトルク値に達した時なので、反動でしめすぎたりしないように注意しましょう。
また、カチ、カチと2回やったりする方もいらっしゃいますが、2回やるとそれだけまた増し締めされてしまうので、やる度に少しずつ増し締めされてトルク値が狂います。

*逆回転はダメ

右回しも左回しもできるトルクレンチもありますが、殆どのトルクレンチは、締め付け方向にしか回せません、切り替えレバーが付いたラチェットヘッドになっているので、通常のラチェットハンドルのように右も左も出来そうに思えますが、ダメですので気を付けてください。

 

5トルクレンチの管理方法

使い終わったら、設定トルクを戻す。

一般的なプリセット型のトルクレンチはコイルスプリングを締め込んでトルク値を設定します、なのでそのまま放置しておくとスプリングが圧縮されたままなので、元に戻らなくなって、下の数値がずれてしまうからです。

戻し過ぎに注意

使い終わってトルク値を戻すのですが、一番低い数値で止めてください、それ以上緩めるとバネが外れてしまうことがあります。そのトルクレンチの一番低いトルク値のところで止めて、保管してください。

保管場所もちょっと気を使って下さい。

測定工具の一種です、ケースに入れて振動があまりない場所や湿気がない場所で保管して下さい。
湿気は中のコイルスプリングを錆びさせてしまうこともあり、結果トルク値が狂うことにつながります。お菓子に入っている乾燥剤をケースに一緒に入れとくのもいいですね。

様々なトルクレンチはこちらから

トルクレンチの選び方〜3つのポイント〜

2018.02.01