アメリカのホームセンターで工具を買おう!~前編~

アメリカではよく目にする工具、CRAFTSMAN(クラフトマン)。初めて買った工具はクラフトマンだったなぁ。工具のクオリティはクラフトマンで十分だよ。クラフトマンなら待たなくてもすぐに手に入る。何度こういった話を耳にしたことか。アメリカンスタンダードツール、クラフトマンを買いにアメリカのホームセンターをハシゴしてみました!
text:高野倉匡人(ファクトリーギア代表)

SEARS編

シカゴに本社をもつSEARS(シアーズ)は、全米に800店以上を展開するアメリカ有数の百貨店です。百貨店とはいっても、郊外に大きな駐車場を持った大型店舗で、比較的リーズナブルな価格のものを大量に販売するスタイルから、日本的なイメージではジャスコや、イトーヨーカドーといった大手スーパーに近いかもしれません。全米の至るところに存在している大きなショッピングモールには、このSEARSが必ずといっていいほどあり、そのほとんどでアメリカンスタンダードツールのクラフトマンを購入することが可能です。もちろんクラフトマンはメールオーダーも出来るのですが、SEARSのクラフトマンの売り場を見ればメールオーダーすることがもったいないと思えるほどの、楽しく充実した空間となっています。

私達が訪れたSEARSの工具売り場は、ほぼワンフロアがまるまるクラフトマン製品で埋め尽くされていました。中身はオートモーティブ系の工具から、ガーデン用の芝刈り機やBBQグリルまで、その扱い品目だけでも7000品目というのだからビックリです。

取材日は平日の午前中であるにもかかわらず、スタッフはひっきりなしに訪れるお客さんに慌しく対応していました。ここでは事前に取材依頼をしていなかったのですが、フロア責任者が本部に確認し、すぐに許可が下りました。大きな組織なのに、そのあまりに迅速な回答にも驚きでした。

売り場を回り始めると、工具に限らずあまりの品揃えの豊富さに時間の経つのを忘れてしまいます。ここでの販売のメインはオートモーティブ系(クルマ、バイクなどのメンテナンスもの)なのだといのこと。日本とは全く環境が違います。

この充実した売り場を見れば、クラフトマンがアメリカのスタンダードツールであることを、誰もが当然のこととして納得できるばず。工具ファンならアメリカみやげにクラフトマン。それがグッドチョイスだと思います。

とにかく種類が豊富!

クラフトマンの特徴が豊富な工具セットのラインアップ。格安セットからボリュームたっぷりのセットまで、実に多彩なラインアップが取り揃えられています。これだけの種類のセットであるにもかかわらず、在庫品があるのもまた驚きです。

電動工具も豊富!

コードレス工具も充実のラインアップ。クラフトマンだけではなくマキタ、デヴォルト、ボッシュなども在庫されていてかなり楽しめます。日本では、まだほとんど知られていない19.2Vのコードレスタイプのライトがあったのが印象的でした。(※2008年時点の情報です)

感触を確かめながら

クラフトマンの売り場はかなり充実しています。価格帯は必ずしも激安ではなく、むしろある程度の品質の良さを売りにしているようです。過剰なブリスターパックもないので、工具の感触をたしかめながら選ぶことが出来ます。

SST(特殊工具)も充実!

日本のホームセンターなどではおそらく入手困難なスペシャルツールなども数多く在庫されています。クラフトマンがプライベーターだけではなく、プロフェッショナルユースにも幅広く使われているということがわかります。

ツールボックスも充実!

ほとんどの家にガレージがあるアメリカらしく、ツールボックスは日本と比較すると、様々な大きさや色やデザインなど豊富にラインアップされています。個性を重視するアメリカだけあって、このバリエーションにはかなり悩まされるところです。価格が安い分、クオリティはやや見劣りしますが、プライベーターには十分。こちらは現在一番人気のタイプで$449.98のもの。価格的には一般ユーザーがかなり買いやすい設定となっています。最近は写真のような結構地味系の色が人気とのこと。(※2008年時点の情報です)

コンプレッサーも!

一般家庭用レベルのコンプレッサーだけでなく、240Vタイプの大型の業務用レベルのコンプレッサーもありました。価格的にもかなりお手頃。

ジャッキも!

ガレージで使いたいジャッキやチェアなどもラインアップされています。こういう大きなものはなかなか実際に現物を確かめにくいので、プライベーターにはかなりうれしい空間です。

BBQグリルも!

工具だけでなく、売り場の周辺にはBBQ用の大型グリルや芝刈り機もあります。なんだか自宅での豊かな生活が空想できるモノに溢れていて、売り場からなかなか離れることが出来ません。

マネージャーのオススメは?

フロアマネージャーに工具をススメてもらうことにしました!やっぱりおすすめはクラフトマンの3/8SQラチェットレンチ。すっかりその気にさせられてやっぱり購入!グッドフィーリングのいいラチェットでした。

※このレポートは高野倉匡人「工具の本2008」の記事をWEB用に再構成したものです。