ソケットの種類〜選ぶ時に知っておきたい8つのポイント!〜

実はソケットにはこんなにたくさんの種類があった!
いざ必要になった時、「欲しいソケットとの出会い」のために知っておきたいこと!

新しい規格のボルトの登場とともに、最初に商品化される工具にソケットが多いのは、様々なハンドルと組み合わせることによって異なるシチュエーションに対応できる汎用性の高さが理由といえるでしょう。デザイン的には全く派手さのないソケットですが、実は各メーカーのこだわりが多く反映される工具ですので、是非異なるメーカーのものを使って比べてみることをオススメします。ソケットひとつで作業は変わる。これも工具選びの醍醐味なのです。
text:高野倉匡人(ファクトリーギア代表)

ソケット最新事情

今回は日本の工具市場においてのソケットのトレンドというより、この数年間の工具専門ショップ「ファクトリーギア」の店頭で感じていることを紹介します。1995年から2005年頃まで、オートモーティブ系のユーザーが多く来店していたファクトリーギアで、ソケットといえば圧倒的に3/8SQの差込角に6ポイントのものでした。しかしその後、当時ナメやすいイメージで信頼感があまりなかった12ポイントのソケットが、実は6ポイントのものと強度的には変わらず、逆に使い勝手が良いものだというKTCの見解を引用し、広くPRしてきたことで12ポイントソケットの流通量が大きく伸びました。今でもこの傾向は変わらず、作業効率を追求するプロメカニックでは12ポイントが主流ではないかと思えるほどになっています。

流行は3/8SQから1/4SQへ

3/8SQ(上)と1/4SQのラチェットに同サイズのヘックスソケットを付けた状態。

その後、今度は差込角1/4SQ、1/2SQという、今まではあまり流通しなかったソケットの人気が上がってきています。1/4SQに関していえば、トルクス、ヘックスといったネジが増えてきたことで、3/8SQのハンドルではオーバートルクになりがちなネジに対して使い勝手がいい、という面が大きいと思います。

1/4SQのラチェットハンドルは日本人の手になじみやすく、また最近流行しているシニアのバイク乗りや、自転車乗りのイジリ派にとっては扱いやすいのでしょう。1/4SQのラチェットを手にするようになれば当然ソケットの需要も増えます。この両方の要素により、各メーカーは製造が難しいとされてきた1/4SQの12ポイントソケットをリリースしてきたことも、このトレンドを作っている要素のひとつといえるかもしれません。

農機関連の上質工具化

また、これはファクトリーギア的な傾向なのかもしれませんが、農業機械関係における上質工具への需要が増え、1/2SQのソケットも注目されるようになってきています。これらは主に産業機器関係の市場で使われるため、これまではそれほどディテールにこだわっていなかったものが、メンテナンスを農家の方自身が日常的にすることが多くなり、結果使い勝手や効率を追求する傾向が高まることで、機能や品質を求めるようになったのでしょう。

このように、上質な工具への関心はクルマやバイクだけではなく、市場全体が広がってきているということを、ソケットのトレンドからも感じることができます。

特殊なソケット色々

ここで取り上げる特殊ソケットの多くはクルマ関係のものが多いですが、カタログなどに表記されている〇〇用という文言に惑わされず、柔軟にソケットを見つめ、他に使えそうなシーンをイメージすると、違った使い方のアイディアが出るかもしれません。頭もハートもやわらか~くしてご覧ください。

フレアナットレンチじゃないソケット

KO-KEN 3/8SQ フレアナットソケット 10mm(3300FN-10)
製品購入ページ

本来ソケットでは作業不可能な、クルマのブレーキパイプなどに使われているフレアナットを回すため、側面に大きな切れ込みが入れてあります。構造上強度は期待できませんが、一般的なフレアナットレンチだけではなく、ソケットタイプがあることで作業の幅を広げることが可能です。

ザグリが少ないE型トルクス用ソケット

NEPROS 3/8SQ E型トルクスソケット E16(NQ6E16)
製品購入ページ

DEEN 3/8SQ E型トルクスソケット E16(DNB3-E16)
製品購入ページ

近年、オスのトルクスネジは頭が低い(掛かりが浅い)ものが増えてきました。トルク用のソケットはなぜかソケット内部のザグリ面がとても大きいモノが多く、低い頭のトルクスネジではうまく回すことができなくなっています。ユーザーの声をいち早く反映させたディーンでは、ネジに当たる面積を広くとれるザグリの少ないタイプを採用しています。

超~極薄ソケット

KING TONY 3/8SQ 超極薄ソケット10mm
321510M(高さ64.9mm 外径13mm)
製品購入ページ

本来はディーゼルエンジンのグロープラグ用として開発されたソケットなのですが、他のソケットでは入らない狭いスペースのボルト・ナットを外したいときに、勝負用として使われることが多いソケット。「勝負」というのはイチかバチかの一発勝負という意味で、強度を無視しギリギリまで薄く作られたソケットを割らずに使えるかどうか、テクニックが試されるソケットです。

ちょっとブレイク:ソケットの長さのお話し
一般的には短いソケットのことをスタンダードソケットと呼ぶことが多いですが、スナップオンではスタンダードとは呼ばずにシャロー(短い)ソケットと呼んでいます。つまり、この長さが全てのユーザーにとってスタンダードな長さであるというように考えないほうがいいということです。たとえば手の大きいユーザーにとっては、コンパクトになり過ぎた、いわゆる「スタンダードソケット」はシャロー(短い)すぎる。そこでここ数年、昔は一部のマニア向けのものと思われていセミディープソケットが人気となっています。一方で、ディープソケットもメーカーの違いで長さが大きく異なるということを知っておきましょう。日常的に使うことの多いソケットは、自分の手の大きさ、お気に入りのソケットとのバランスなど、ソケット単体ではない視点で選ぶことが大事です。

ユニバーサルソケット色々

タイトな作業環境で使われるユニバーサルジョイントですが、コンパクトなソケットと組み合わせても高すぎるという理由で、ユニバーサルソケットへのニーズが高まっています。ここでは、特にスムーズな動きで人気のユニバーサルソケットをご紹介します。

NEPROS 3/8SQ ユニバーサルソケット 14mm(NB3-14JU)
製品購入ページ

トルク伝達にも優れた、ネプロスのグランドクロス構造のユニバーサルソケット。曲り角度は18度と浅いのですが、この角度が快適な作業をする最大の角度だというのがKTCの見解。多くのベテランメカニックが愛用しています。

DEEN 3/8SQ ユニバーサルソケット 14mm(DNB3-14WBJ)
製品購入ページ

ネプロスのユニバーサルソケットよりもさらに低くデザインされ、ボールジョイントタイプとすることで本体もコンパクトに仕上げられています。強度と耐久性の改良を重ね、某大手自動車ディーラーでは汎用工具として採用されているソケットです。

KO-KEN 3/8SQ ナットグリップユニバーサルソケット 10mm(3441M-10)
製品購入ページ

こちらはより角度が曲がるという特徴に加えて、ナットをホールドして落とさない機能が付いています。某自動車メーカーのリコールで大量に必要とされたこともある工具として、業界関係者にはよく知られたソケットです。

困ったときのソケット

固着してしまったネジ。ナメてしまったネジ。トラブルが起きた時に使えるソケットがあります。できればトラブルが起こる前に常備したいものですが、こういうソケットがあるということを知っておくだけでも助かるときがきっとあるかもしれません。

KO-KEN 1/2SQ インパクトロックナットバスター(14124-19)
製品購入ページ

雌ネジが切っているだけのようなソケットですが、奥に行くほど狭くなるすり鉢のような形状になっているので、ナメてしまった逆ネジにも対応できるというスグレモノ。

HONITON ホニドライブソケットセット(HSK-A1319SET)
製品購入ページ

角が若干丸まってしまったボルトやナットは勿論、インチサイズのネジやE型のトルクスにも対応出来る万能ソケット。12個の突起がボルトの腹の部分を押さえて回すので相手(ネジ)への攻撃性が低いのも特徴です。

ホールドするソケット

ネジを緩めて外れたネジを、そのままソケットに付けて持ってきたい。そんなホールド機能付きのソケットがあります。これがあれば、ネジを落とした時のイライラも解消するはずです。
SNAP-ON 1/4SQ マグネティックソケット 10mm
MGMM10
KO-KEN 1/4SQ ナットグリップソケット 10mm(2450MS-10)
製品購入ページ

ソケットに付けられたボールでホールドするコーケンのナットグリップは、前述のユニバーサルタイプと同じ種類。スナップオンはマグネットを利用してホールドします。

気を付けよう! 似ているけれど違うソケット

トリプルスクエアとダブルヘックス

欧州車などに使われている三重四角とトヨタ車のヘッドボルトに使われている二重六角。どっちも同じ12角には変わりありませんが、一辺の角度が90度、120度と異なるのでまったくの別物です。

KO-KEN 1/2SQ 三重四角ソケット(4020.100-M10)
製品購入ページ

KO-KEN 1/2SQ二重六角ソケット(4010M.100-10)
製品購入ページ

トルクスとトルクスプラス

今ではすっかり市民権を得たトルクスネジですが、同じ星形でも微妙に形状が異なるネジがあります。突起の部分が太くなっている「トルクスプラス」という規格は、従来のトルクスよりも強く、よりトルクを確保出来る作りが売りですがトルクスとの互換性はないので注意しましょう。

KO-KEN 
3/8SQ トルクスプラスソケット(3025.50-25IP)
製品購入ページ

KO-KEN 3/8SQ トルクスソケット3025.50-T25)
製品購入ページ

米国インチと英国インチ

六角対辺の呼び寸法はどっちも同じ3/8インチ。左が米国規格で、右が英国規格です。一般的に3/8インチはミリに換算すると9.5mmですが、これは米国規格での話で、英国インチで3/8インチは換算すると何と18.03mm。古いトライアンフやミニクーパーなどに使われている規格ですが、お国が変わればこれだけ違うのです!

KO-KEN 3/8SQ 米国インチソケット 3/8(3400A-3/8)
製品購入ページ

KO-KEN 3/8SQ 英国インチソケット 3/8(3400W-3/8)
製品購入ページ

ロープロファイルとゴースルー

狭い箇所でラチェットを使いたい。そんなときに役に立つ超短ソケットですが、スナップオンのロープロファイルはサイズによってドライブの部分の穴加工が浅く、専用のラチェットでなければその効果が100%発揮できないという点に注意しましょう。ディーンのロークリアランスは、ラチェット以外にラチェットメガネへ直接差し込んで使うことも可能です。
SNAP-ON ロープロファイルソケットセット
210RAFSM(8,10,12,13,14,15,16,17,18mm)
DEEN ゴースルーソケットセット
DNGB2307WSET(8,10,12,13,14,17,19mm)
製品購入ページ

この特集は高野倉匡人「工具の本vol.7」の掲載記事をWEB用に再構成したものです。