KTC 2021 SK SALE!入門からプロユースまでおすすめできるツールセット

今年もKTCの工具セットキャンペーン「2021 SK SALE」が始まりました。

今回はSK SALEの最新情報を交えて、SKセットを購入するためのポイントを押さえておきましょう!

SK SALEとは

「SK SALE」は工具メーカーのKTCが例年11月から翌年の4月頃まで実施している、ツールセット・工具箱類のキャンペーンです。※今回は2020年11月1日から2021年4月20日まで。

もともとオートモーティブ系のプロユーザーからは広く認知されているメーカーですが、これからマイカーの整備やDIYで工具を揃えたいというユーザーや収納ツールを検討するエントリーユーザーにとって、日常点検から本格的整備までできるツールセットがお得に手に入れられる非常にありがたいキャンペーンでもあります。

キャンペーンならではの限定カラー

まず例年のキャンペーンで特にユーザーが心待ちにしている企画が、SKセール期間のみの限定カラーチェストが手に入る点です。

SKセールのスタンダードカラーであるチェスト類、キャビネット類は通常カタログだと定番カラーのみの展開ですが、他の人と別のカラーにしたい、自分の好きなカラーを選びたいといったご要望に叶うものとなっています。

限定カラーモデルについては工具セットだけでなく工具箱単体でも購入できるので、工具箱の買い替えを検討している方にとってもチェックしていただきたいキャンペーンです。※限定販売につき予告なく販売が終了する場合があります。

カラーラインナップについては毎年常に同じとは限らないのも特徴です。比較的要望の多いカラーは毎年登場しますがその年限りのカラーも少なくありません。

ある年は淡い色のカラーが登場したり、ある年は濃い目のカラーが登場したり、今回は皆さんの希望のカラーが出るのか、来年以降に出るのかは誰も分からないので悩ましいですが、長年SKセールを見ていると連続して限定カラーが出ることが少なく、そして人気カラーは早く売り切れるので、好きなカラーであれば迷わず手に入れてほしいところです。

今年の引き出しチェストタイプ(EKR-103)の限定カラーは

・グリーン
・グレー

KTC 2021SKセール スタンダードツールセット[入組点数66点]3段チェストタイプ ミリタリーグリーンxレッド SK36621EMLG

製品ページ

 

 

同じくチェスト(SKX0213)は

・イエロー
・ブルー
・グレー
・ピンク

KTC 2021SKセール スタンダードツールセット[入組点数67点]3段チェストタイプ ピンク SK36721XP

製品ページ

 

両開きチェスト(EKR-10A)は

・パステルグリーン
・パステルブルー
・グレー

KTC 2021SKセール スタンダードツールセット[入組点数56点]両開きメタルケースタイプ パステルブルー SK35621WZPB

製品ページ

 

このようなカラーをベースにツールセットを選ぶだけで「他の人と違う工具セット」を選べるのです。

このラインナップに加え、SKセールでは5段キャビネットやツールワゴンにも限定カラーがあります。

進化するSKセット

ここまではSKセールの目玉でもある限定カラーについてのお話でしたが、KTCも毎年同じ企画なのではなくユーザーの今後のニーズを見据えたラインナップを追加しています。

限定カラーはSKセールの目玉ではありますが、ベースとなる工具セットの形態は年々ユーザーのニーズを見据えたラインナップが追加されています。個人的には色んな「管理」がテーマになっていると思います。

・収納形態の多様化

工具を収納する場所はチェストやキャビネットだけではありません。

ガレージに工具箱を置いて作業する人もいれば、外に持ち出して作業する人もいます。そんな時には樹脂製工具箱や布製バッグに工具を入れる方が軽くて持ち運びしやすくなります。

また使用する工具の量に対して無駄のないサイズ感の工具箱を選ぶことも移動時の負担軽減となり、適切な工具箱選びが中身の工具の管理の行いやすさにも繋がってくるのです。

SKセールでは大小様々なサイズと素材の異なる収納ツールをベースに工具セットを組んでいます。

KTC 2021SKセール モーターサイクルツールセット[入組点数15点]ツールバッグタイプ SK21521MC

製品ページ

 

KTC 2021SKセール 家庭用ツールセット[入組点数40点]片開き樹脂ケースタイプ レッド SK34021PS

製品ページ

 

2018年からはアクティブバディシリーズといったメンテナンス系、現場作業系ユーザー向けに現場へ持ち運びしやすい、工具バッグ類、並びにこちらに工具を入れたツールセットをラインナップしています。

布製の工具バック類の耐久性やサイズ感のコンパクトさは収納能力と反比例する場合があるので、収納形態をどのように求めるかでしっかり吟味してください。

 

・トルクレンチの重要性

SKセールで個人的にオリジナリティを感じる点の一つに、「トルクレンチ」が組み込まれたセットが設定されている点です。

KTCでは以前から「デジラチェ」というデジタルトルクレンチを発売し、ボルトのトルク測定の効率化を図り、またトルク管理の重要性をメーカーとしてアピールしてきました。

過去にはデジラチェを組み込んだ工具セットもあり、他メーカーにはない入り組みとしても注目されていました。

そして最新モデルのツールセットには、同じくKTCの新製品である「トルクル」を組み込んだモデルが登場しています。

トルクルは一般的なラチェットハンドルに取り付けることでトルク測定を可能にするアダプターで、なおかつ手持ちのPC等と通信して測定データを集計し、そのデータ管理を行いやすくした製品です。

KTCでは通常ラインナップの工具セットならびにSKセットでトルクレンチ付き工具セットをモデルチェンジしトルクルを組み込んだモデルで販売しています。

KTC 2021SKセール トルクル採用ツールセット[入組点数57点]3段チェストタイプ ブラック SK35721XBKTQ

製品ページ

 

・工具の保管と整理整頓

SKセットをはじめKTCの工具セットの多くは、標準で樹脂トレーが付属しています。

他メーカーの工具セットでもそうですがトレーがあることで収納場所を固定して管理しやすくする効果があります。

KTCでは2021 SK SALEから、二層式発砲収納トレイ(EVAトレー)を付けた工具セットを設定しています。

このトレーは従来の樹脂トレーよりも各工具にピッタリ沿うように窪んでいて、工具をはめると固定されると同時に素材のクッション性で工具箱特有のガチャガチャした音も鳴りにくくなっています。

EVAトレーそのものが工具の持ち運びでの不満(工具が散らばって紛失、工具同士がぶつかってうるさい、余計な工具をが入っていて重い)を解消するのはもちろんですが、さらに踏み込んでみるとここにも「管理」を徹底するデザインが組み込まれています。

EVAトレーは二層になっていて上が黒色、底が赤色になっています(色はおそらくメーカーのブランドカラーから来ているものだと思われます)。

つまり工具を入れた状態だと底の赤色は見えず、工具を取り出すと赤色が見えるようになっています。

色の違いで現状工具が正しく保管されているのか、使用中なのか、または工具が無くなっていないかということが一目で分かるのです。

また入り組み以外の工具が混ざることも防いでいます。

トレーを単純な工具の保管ツールだけでなく厳格な管理ツールとしての使われ方は、ドイツの工具メーカー、スタビレーが以前から工具セット用にEVAトレーを導入していたり(工具の使用管理が特に厳しい航空業界に対応するためでしょうか)、近年ではオートモーティブ業界(整備作業)でも着目されて多数のメーカーがEVAトレーを導入しています。それだけ、ただ「たくさん工具がある」ことがベストではなく、それらがきちんと管理してすぐ使えるようになっていることがより効率の良い作業に繋がるのです。

もちろん一般使用において既にお手持ちの工具があったり、今後買い足された際にはEVAトレーにはまらないデメリットがありますが、トレー自体は取り外せるので代わりに市販のトレーやホルダー類を組み合わせて収納を考えてみてください。

KTC 2021SKセール トルクル・メモルク採用ツールセット[入組点数145点]キャビネットタイプ レッド SK94521EXRQ

製品ページ

あなたに合った工具セットの選び方

SKセットの特徴をここまでご紹介してきましたが、実際にユーザーがどのモデルを選べばいいか、一部既にご紹介したものもありますが目的別に適したモデルをご紹介していきます。

自動車整備

自動車整備といってもユーザーによってやりたい作業の幅があります。SKセールではエントリーユーザー向けのコンパクトなセットからプロユーザーが満足できる入り組みのキャビネットセットが設定されています。

KTC 2021SKセール エキスパートツールセット[入組点数150点]キャビネットタイプ レッド SK95021EER

製品ページ

KTC 2021SKセール スタンダードツールセット[入組点数68点]キャビネットタイプ イエロー SK36821RXY

製品ページ

KTC 2021SKセール スタンダードツールセット[入組点数51点]3段チェストタイプ ネイビー SK35121XNV

製品ページ

その他自動車整備用SKセットはこちら

 

二輪整備

二輪整備は自動車整備よりも使用する工具が絞られるのでSKセットの入り組みも少なめなものが中心ですが、二輪整備でよく使われるT型ハンドルや不定形なものを掴むのに対応したロッキングプライヤーが入るなどの特徴があります。

KTC 2021SKセール モーターサイクルツールセット[入組点数51点]両開きメタルケースタイプ レッド SK35121WZRMC

製品ページ

KTC 2021SKセール モーターサイクルツールセット[入組点数56点]3段チェストタイプ レッド SK35621XMC

製品ページ

その他二輪整備用SKセットはこちら

 

一般機械整備

自動車や二輪とは異なるサイズ感のボルトナットが使われている産業機械などに対応するため、6.3SQ~12.7SQの各差込みのソケットレンチが用意されたフルセットや12.7SQソケットレンチのみの仕様があります。

またプロツール目線だと、メンテナンス作業等で必要になるトルク(データ)管理を目的としたデジラチェシリーズ(トルクル、メモルク)が標準で入っているモデルもあります。

KTC 2021SKセール エキスパートツールセット[入組点数231点]キャビネットタイプ シルバーxレッドxブラック SK8021AEX

製品ページ

KTC 2021SKセール スタンダードツールセット[入組点数51点]両開きメタルケースタイプ SK45121WZPGM

製品ページ

その他一般機械整備用SKセットはこちら

 

家庭用

自動車、二輪だけでなく家庭にある「ネジ」を回すのに適したサイズを厳選した入り組みとコンパクトなケースになっており、工具セットを選ぶ際によくある「余計なものまで入っている」という困りごとも少ないと言えます。

自宅のお助け工具としてまず選んで、今後必要になる工具は都度買い足していくというのも一つの買い方です。

KTC 2021SKセール 家庭用ツールセット[入組点数43点]片開きメタルケースタイプ レッド SK34321S

製品ページ

KTC 2021SKセール 家庭用ツールセット[入組点数40点]片開き樹脂ケースタイプ レッド SK34021PSLL

製品ページ

その他家庭用SKセットはこちら

 

まとめ

今回のご紹介では特に「管理」という部分に焦点を当てて紹介してみました。

振り返ってみると、工具箱の限定カラーも持ち物管理の観点で「他のユーザーと混ざらない」という所有者の識別に役立ちます。

限定カラーや人気モデルという理由で選ぶのもひとつですが、特にお仕事用で準備しようと考えていらっしゃる方にとっては、ご紹介した特徴を踏まえて複数台揃えるのも有効ですので、お得感だけを重視せず機能面でもSKセットの内容を把握。

 

・「2021 SK SALE」は2021年4月20日まで開催の、KTCの工具箱、工具セットの限定キャンペーンです。
・工具チェスト、キャビネットの限定カラーに毎年注目が集まります。
・工具自体の管理、作業管理を行いやすくする機能が新たに組み込まれたセットがラインナップされています。